カードローン審査に通過する4つの大事なこと

カードローン審査

まずカードローン審査通過で大切なことは年収です。お金を貸す側としては、なんとしても完済をしてもらわなくてはならないので、年収が低い人は審査に落としてしまいます。具体的にどのくらい必要か決まっているわけでは無いですが、一般的には200万円は欲しいと言われているのです。

次に重要なのが勤続年数

これは今の仕事についてから何年が経過したかということなので、一度でも転職した人ことのある人は、転職先での勤続年数ということになります。この年数が長ければ長いほど、カードローン会社は消費者を信用することが出来るので、審査にも通過しやすくなるわけです。こちらも具体的な数値が確定しているわけでは無いものの、やはり1年は欲しい所でしょう。それ以下だと安定しているとは認められずに、審査における評価が下がってしまいます。

他社からの借入件数のも重要

これが多いと、返済能力が低いと判断されがちになってしまいますので、出来るだけ借入件数は抑えて、1社からの金額を引き上げることを狙ったほうがいいでしょう。他社借入件数については、3件でギリギリとなっているので、おそらく4件ある場合は審査に通過しないと思ってください。

延滞記録を作らないこと

返済日を過ぎてもお金を返さないことを延滞といい、これをしてしまうと信用情報と呼ばれるものに記録が残ってしまいます。これを消すのには時間がかかり、信用情報はカードローン会社としても重視する部分なので注意が必要です。


カードローン審査申し込みは雑に考えてはいけない

注意点

カードローンの申し込みを検討する際に、どの様な事を考えて申し込みをしているでしょうか?ネットでもカードローンの広告はかなりありますが、その広告数の多さから簡単にお金を借りれるのではないかと錯覚してしまう人もいる様です。しかしもちろんお金を借りる行為、カードローンを申し込むにあたっては審査がありますし誰もが審査に通る訳ではありません。それぞれのカードローン会社には決められた融資基準が定められていて、その会社の基準を満たせなかった場合には審査落ちとなりお金を借りる事が出来ません。

基本的なルールも認識しておきましょう

例えば年収300万円の人が消費者金融のカードローンに申込む際に、希望融資額を150万円としても審査に通る事はないのです。その理由は総量規制という法律で定められた、年収の3分の1までしか消費者金融各社は融資を行ってはいけないからで、今では世間で認知されている内容です。カードローンの審査に通る為に大切な事は、自分が借りたいと思う消費者金融や銀行のカードローン商品の内容を十分に調べる事が必要で、闇雲に申し込みを行えばどこかは審査に通るだろうと思ったら間違いです。その結果、同じ月に3件を超える申し込みを行い審査に落ちて申し込みブラックとなるケースも少なくはないのです。

カードローンを検討する時には利息が18%の消費者金融で借りるのか、10%くらいの銀行系で借りるのか、自分の年収はどれくらいなので返済には月にいくらまで回せるのか、などを総合的に考えて検討する事が大事です。


お金の貸し借り失敗談

貸すことによる借金の日々

以前うちの家もお金のまわりがよくて、親戚の家に無利子でお金をかしていました。私はそれを知らなくて、親戚のお姉さんからそのお金でマンションなんか買っておいたら今すごいお金になったのにと言われました。夫のお姉さんは、当時安かったマンションですが開発の場所で高くなるのを見込んでかって大当たりしたタイプなのですが夫にも投資するのを勧めましたが、お兄さんの経済が大変なのを助けるために人肌ぬいであげたようです。

 

そのとてもいい考えでやった行いの結果、その当時もお金を貸している立場で借金をかかえていたらしく、それが返せずに今家の家が大変になっています。かといってそのお兄さんの家から元金は返してもらったものの、うちの家の借金の助けをして欲しいといっても、それだけの余裕がないようで、結局はうちの家が大変なことになっているという結果です。それで夫はその時に貸さないで投資していればこんな事にならなかったのにと後悔していますが、今更どうしようもないという話です。

 


更新履歴